ナイフ

ナイフ紹介Vol.9 〜クリスリーブの高いヤツ Chris Reeve Pacific〜

ども。

ナイフの値段はピンキリですが、今日ご紹介するのはその中でも割と高い方のヤツです。

Chris Reeve Pacific

クリスリーブというメーカーは、クリス・リーブさんという南アフリカ出身のアメリカ人が立ち上げた会社で、製造はアメリカのアイダホで行っています。

日本での扱われ方としては、「ファクトリーメーカーとカスタムメーカーの中間」といった感じで、ショップに少量入荷してもすぐに入荷待ちになってしまいます。

それだけ人気ということですが、その分値段も高いです。

こいつも4万くらいします…

このモデルは、米軍第一特殊部隊の50周年を記念して作られたモデルの民生バージョンということになっています。

要するにミリタリースペックのすごいヤツということです。

特徴的なのはこのセレーションで、一般的なものとは異なり両側から互い違いにグラインドされています。

これが果たして切断力の向上に寄与するかは謎ですが、加工に手はかかってそうです。

実用にすればさぞ活躍してくれるんでしょうが、まだその勇気はありません。

ほなまた。