ギター

初フェンダーだと地味に焦る…Fender USAのハードケースの開け方

ども。

ストラト好きだといつかは本家Fender USAを手に入れたいですよね。

自分も初めて本家を手に入れた時はとても嬉しかったものです。

ですが、ひとつ焦ったことがありました。

ハードケースが開かない!

フェンダーUSA製品は、アメリカンスペシャルのような一部の廉価モデルを除いて、ハードケースが付属します。

 

モダン系のモデルはハードケースも樹脂製のモダンスタイルのものが付いてくるんですが、ヴィンテージリイシュー系はハードケースもヴィンテージスタイルです。

で、問題はこのヴィンテージスタイルのハードケースなんですが、初見だとほぼ確実に開け方が分かりません。

 

真ん中のラッチはすぐに開くんですが、両サイドの鍵穴のある部分のラッチは、一見鍵を挿しこんで回さないと開かないように見えます。

でも、通販などで買うと大抵の場合鍵はケース内の小物入れに入っています。

じゃあ開かねーじゃねぇか!と思ってしまうところですが、もちろんちゃんと開け方があります。

開け方

実は、鍵穴のある部分そのものがラッチを開けるスイッチになっていて、これを外側にスライドしてやると、ラッチがバネの力で跳ね上がります。

 

こうしてオープンするんですね。

鍵をかけると、スイッチをスライドすることが出来なくなり、ロックされるという仕組みです。

 

ということで、皆さん初フェンダーを楽しんで下さい。

ほなまた。